バイクの免許を取ろうと思ったきっかけは?バイクの魅力まとめ

・きっかけは様々

バイクの免許を取ろう!と思ったときに、そのきっかけがあると思います。
人によってきっかけはさまざまかと思いますが、ライダーはどんなことがきっかけでバイクに乗りたいと考えたのでしょうか。
男性か女性かによっても、理由が違って来そうですね。

男性の場合は、小さい頃お父さんに乗せてもらった小型二輪の疾走感が忘れられず、16歳になったら絶対に免許を取ろうと固く誓ったという人もいますし、テレビやマンガを読んで、バイクに憧れるようになったという人もいると思います。

それ以外では、友達がバイクに乗っていて、後ろに乗せてもらったときに感動し、自分も免許を取ろうと思ったり、知り合いが取るときに誘われて、一緒に取ることになったという人も多いようです。

女性の場合は、彼氏の後ろに乗せてもらったときに感動し、自分でも乗りたいと思った人や、何かを変えたいと思ったからなどといった理由が目立ちます。
あとは、もともとアグレッシブな人が、そこまで大きな理由はないけれど、なんとなく楽しそうだから取った、というケースもあります。

男女共通しているのが、何らかの形で一度バイクに乗るという体験をし、その魅力に魅せられたという点です。
こうしたきっかけでバイクに乗ろうと思った人は、ずっとバイクに乗り続ける人が多いように思います。

・日本のバイク免許取得事情

バイクというと16歳になったらすぐに免許を取る!という人が多いイメージがありますが、実際に免許を取得した年齢をリサーチしてみると、20代で取得した人がもっとも多いのだそうです。
10代で取得する人が多いようなイメージを持っていた人も多いのではないでしょうか。

もちろん10代で取った人もたくさんいるのですが、社会人になって自由になるお金ができ、趣味に投資できるようになったときに、バイクという趣味を思いついたという人が多いからかな、と推測します。

意外と30代、40代になってから免許を取ったという人も多いです。
10代に免許を取得した人は、若いころはブンブン乗り回していたけれど、社会人になってから乗らなくなってしまい、バイクも売却してしまった、という人をちらほら見かけるのに対し、こうしたある程度年齢を重ねてからバイクに目覚めた人は、じっくりバイクと向き合って、長く乗り続ける人が多い印象がありますね。

バイクの免許を取るにあたり、趣味で利用したいという人と、仕事や実用性を重視する人によってきっかけも違ってくると思いますが、最近はそれぞれの用途にピッタリ対応するバイクが実にバリエーション豊富に販売されていますので、ライダーのニーズを満たす、満足できるバイクライフを送れるようになったのは喜ばしいことです。

普通二輪免許の難易度は?取得の流れ

・真剣に取り組めば、難易度は決して高くない

普通二輪免許を取得するのは、なんとなく難しいイメージを持っている人も多いようですね。
もちろん、重い車体をコントロールしながらバイクを運転するのですから、簡単というわけではありません。
しかし、教習をしっかり学び、復習しながらこなしていけば、十分合格することができます。

普通二輪免許の取得は、教習所で学科や実技の教習を受け、各段階の「みきわめ」というテストを合格しながら所定のコマをこなしていきます。
そして、「卒業検定」というテストに合格したら、試験場で学科試験を受け、合格すれば晴れて免許を交付してもらえるという流れです。

教習においては、やはり実技に不安を覚える人が多いと思います。
最近は女性でバイクの免許を取得したいという人も増えていますが、教習の中に倒れたバイクを起こすというものがあり、重い車体を起こさなければいけないので、ここでつまずいてしまう人もいるようです。
けれど、車体を起こすコツやその他の教習においても、教えてもらうことをしっかり吸収すれば必ず合格できますので、1限1限を大切に受講してください。

・効率的に教習を進めていくポイント

教習は学科と実技で構成されていると前述しましたが、実技は予約制で空きがあるところに予約を入れていき、学科は時間割が決められていて、予約は不要で自分の空いた時間に自由に受講することができます。

実技の予約は、当然ながら仕事や学校が休みの土日はどんどん埋まっていってしまいますので、できるだけ早めに都度予約をチェックして、予約を入れていきましょう。
学科においては、正直あまり楽しいと感じられないかもしれませんが、スケジュールの合うときはどんどん受講し、消化していくことが大切です。

実技において、事前に動画などを見てイメージトレーニングをしておくというのもよいですね。
SやUターンなど、いろいろなバイクの運転方法をわかりやすく撮影している動画がたくさんありますので、検索して見てみましょう。
イメージをつかむことで、実際の実技もスムーズに取り組めると思います。

教習所に通っている間は、プライベートの予定よりも教習をメインにして、少し遊びは我慢してどんどん所定のコマを消化していきましょう。
間が空いてしまうと習ったことを忘れてしまいますし、免許を取得するというモチベーションも下がってしまいます。
学生の人は、夏休みや春休みなどまとまった休みに教習所に通うことになると思いますが、この時期は教習所のオンシーズンで、かなり混み合います。
実技の予約も入れにくくなってますので、予約ができるときはこまめに入れて、少しでも多く受講できるようにしてくださいね。

親にバイクの免許を反対されたときの対応方法

・なぜ反対されるかを理解した上で対処する

成人している人は別として、未成年でバイクの免許を取得したいというときは、保護者の許可が必要となりますよね。
バイトなどをしておらず、免許取得の費用も親御さんに負担してもらいたいという場合は、さらにお願いしなければならないことが増えるわけです。

しかし、多くの親御さんが、バイクの免許を取りたいというと反対するのではないでしょうか。
「悪い道に走ってしまうのではないか」、「バイクはあぶない」など、バイクはどうしてもマイナスイメージがつきやすいもの。

こうしたマイナスイメージを相手が持っていると理解した上で、それを払拭できるような対処法を用意して説得することで、相手に理解してもらえ、許可してもらえる可能性が高くなりますので、まずはマイナスイメージを取り払う策を考えてみましょう。

まずは、絶対に悪い道に染まらないと約束する。
バイクの免許を取るときに、必ず毎日何時間勉強するとか、何を達成するといった交換条件を自分から提示するのもひとつの方法です。

次に、バイクは危険というイメージについて。
実際、バイクは危険です。
車と違ってボディに保護されているわけではないし、事故を起こしたら大怪我をしやすいのは確か。
しかし、必ずしも危険ではないこと、また安全運転をすることを確約すると申告してみるとよいと思います。

こうした説得をする前に、親御さんと交わした約束をしっかり守ったり、勉強を頑張ってみるなど、事前に信頼を得られるような行動をして「自分は大丈夫」というアピールをしておくことも効果的です。

・逆ギレは絶対NG!落ち着いて会話しよう

話し合いをしている最中に、頭から否定されてしまうとこちらも不愉快になってしまいますよね。
しかし、お願いをしているときに逆ギレをしてしまっては本末転倒。
絶対によい結果は生まれません。

どんなに不愉快なことを言われてしまったとしても、怒るのではなく冷静に受け答えをすることが必須です。
普段ささいなことで親御さんとケンカしてしまうという人は特に、逆ギレしないよう日頃から訓練しておきましょう。
頭にきてしまったら、1回深呼吸してから話し始めるとよいですよ。

親御さんはあなたがやりたいことを否定するために、やらせないためにバイクの免許を取るのはNGといっているわけではありません。
まずここを理解しておくことは大切だと思います。

大事な子どもが危険な目に遭わないか心配、悪い刺激を受けてしまうのではないかと心配だから止めているのです。
心配ないんだよ、ということを分かってもらえれば、相手の態度もかなり緩和されるはず。
難しいかもしれませんが、心が折れてしまうことのないよう頑張って説得してください。