バイクの買い替え時期を教えてください!

・走行距離は買い替え時期に関係する?

バイクライフが長くなってくると、そろそろ別のバイクに買い換えようかな、と考えるもの。
乗りたいバイクが見つかったときが買い替えのタイミングだといえるかもしれませんが、そうではない場合、どのタイミングで買い換えるべきなのか?ということが気になる人が多いようです。
こうした買い替えのタイミングを気にする人は、どのタイミングで買い換えれば、一番得をするのか、という点が気になるのでなはいでしょうか。

例えば、多くのバイクはだいたい走行距離が20,000kmを超えたあたりから、ベルトの交換やバッテリーの交換などの修理が発生してきます。
もちろん修理して乗り続ければよいのですが、修理を繰り返していくうちに走行距離は増えていき、買い取りをお願いしたときに安くなってしまうのではないか、ということを考える人は多いです。
かといって、2、3年で買い替えている人は、バイクに愛着を持たない人なんだというイメージがつきやすく、あまり早い買い替えには抵抗があるという人も。

一般的には、走行距離が100,000kmを超えた時点で買い替えを検討する人が多いようです。
とはいえ、この時点で買い替えをしなければならないというわけではなく、バイクの耐用年数を超えたとしても、きちんとメンテナンスをしているバイクは300,000km以上走るものもたくさんありますので、必ずしも走行距離が関係してるとはいえません。

・ローン返済やライフスタイルに合わせて買い替えを検討

実際にバイクを買い換える人は、次に乗りたいバイクが見つかったとき、またはローンを返済し終わって、新しいバイクを買おうという気持ちになったときなど、「いつ買い換える」と決めずに、思いついたときに買い替えている人が多いです。

ローンの返済は当然ながらとても重要で、ローンがまだあるのに別のバイクに乗りたいと思ったら、現在のローンの返済や、新しいバイクの資金はどうすればいいのか、という話しになってきてしまいます。
買い替えを検討するなら、借金がなくなってから、というのは基本ですね。

買い替えの頻度は、あまり多くないほうが理想的です。
現在のバイクに満足できなくなっても、次に買い替えたバイクが必ず満足できるものとは限りません。
バイクにはそれぞれの個性がありますので、完璧ということはないからです。

1台のバイクを5年なり10年なり楽しめるよう、まずしっかり吟味してから購入しましょう。
そして、十分楽しんでから新しいバイクにチャレンジしてみようと思ったときに、初めて買い替えを検討するのが理想だと思います。
人によっては、気になるバイクができたときは買い替えではなく買い増しをするという人もいるようですよ。

事故に遭ったバイクを売るには?

・事故車も買い取りしてもらえることがある

最近は、中古バイク買取業者がたくさんありますが、こうした業者は実にいろいろなバイクを買い取ってくれます。
壊れてエンジンがかからないバイクでも、出張費用は無料、名義変更手続きの費用も無料で行ってくれるところもあるので、不要なバイクがあるならば、ぜひ査定を依頼してみましょう。

では、事故車はどうなのか?というとことですが、事故車についても査定をし、買い取ってくれる業者が多いようです。
もちろん、状態によっては値段がつかないこともあるようですが、生きている部品があれば、査定基準にもとづいて買い取ってくれます。
もし、事故車の処分に困っているのであれば、まずは買い取り業者に査定を依頼してください。

・事故車買い取りのメリットとデメリット

事故車を買い取り業者に依頼することのメリットは、やはり「売却した金額を得られる」という点です。
もう修理して乗ることがないバイクであれば、処分をすることになりますが、処分するにはお金がかかります。

廃車に必要な費用は少なくとも1万円はかかるといわれていますので、お金を払って廃車手続きをするよりも、無料で引き取りに来てくれて1,000円でもお金が入ってくるのなら、そちらのほうがお得ですよね。

買い取り業者に買い取りを依頼するデメリットは、ほとんどないといってよいと思います。
ただ、バイクの状態によっては値段がつかないことがありますので、いくらかは絶対にもらえると思っていたのに、値段がつかなかったとなると、肩透かしを食らった気分にはなるかもしれません。
しかし、廃車費用がかかることを考えたら、値段がつかなくても無料で引き取ってもらえるのであれば、やはりお得だと思います。

・買い取り業者に依頼するときのポイント

業者に査定を依頼するときは、必ず複数の業者に査定してもらいましょう。
業者同士で競合し、少し査定金額が上回ることもありますし、業者によって査定基準が違うので、思いのほか高い金額で買い取ってもらえるということもありえます。
少なくとも3社くらいは依頼をして、それぞれの見積もりをもらうことをおすすめします。

また、事故車の場合は査定を依頼するときに、電話なりメールなりでバイクの状態をあらかじめ伝えておくと、査定のときにスムーズです。
あらかじめ値段がつかないとわかっていれば、引き取りだけでもお願いできますし、およそいくらくらいになりそうか、ということが分かっていれば、気持ち的にゆとりをもって業者を迎え入れることができます。
事故車でも買い取ってもらえると思うと、ちょっと気分が上がりますよね。
すぐにでも業者に査定を依頼して、不用となったバイクを引き取ってもらいましょう。

壊れたバイクの売り方は?

・壊れたバイク、どうしてる?

バイクが壊れてしまい、修理しないままガレージに置いておいてホコリを被っているのを見かけることがあります。
もともと調子が悪かったので、修理してまで乗る気持ちはないとそのままにしてしまっているようですが、一生そのままにしておくというわけにはいきませんよね。

売ろうにも壊れているから売れない、と思っている人も多いようですが、壊れてしまったバイクでも買い取り業者に買い取ってもらうことができるそうです。
もちろん金額はかなり安くなってしまいますが、状態によっては思いのほか高く買い取ってもらえることもあります。

・運べなくても引き取りに来てくれる

壊れたバイクを買取業者まで運ぶことができないので、そのままにしているという人もいるのではないでしょうか。
最近はバイクを引き取りに来てくれる買取業者が増えているので、そういった業者を利用すれば、自宅まで引き取りに来てくれます。

壊れたバイクの査定基準は実にさまざまで、業者によってその買い取り価格も変わってきますが、フロント部分が壊れていない場合は、少し査定金額が高くなるようです。
事故車でフレームが曲がってしまったという場合は難しいですが、フレームやホイールが生きていれば、そのほかの部品を交換することで元気なバイクに生まれ変わらせることができますので、フロント部分が壊れていない場合はエンジンがかからなくても高額で引き取ってもらえます。

・買い取りをお願いするにはどうすればいいの?

全国にたくさんのバイク買取業者があり、どこでも引き取りに来てくれるというところもありますので、まずはインターネットなどで買取業者を見つけて問い合わせてみましょう。
ホームページにアクセスすると、年式や車種などを入力すると大まかな査定金額を算出してくれるシステムを導入している業者もあるので、そこで調べてみるのもよいですね。

ただ、壊れていて動かないバイクということであれば、電話をして状態を伝えた上で、引き取りに来てもらえるかを確認するのが確実です。
状況によっては値段がつかないこともあるかもしれないので、値段がつきそうかを確認し、いくつかの業者に相談して、高めで買い取ってもらえそうな業者に来てもらうとよいと思います。

・廃車にするのはお金がかかる?

壊れたバイクでも、買い取り業者にお願いすれば、たとえ少ない金額でも買い取りしてもらえ、利益を生むことができますが、廃車にする場合は逆にお金がかかります。
車種や状態によって金額は変わりますが、1~3万円ほどの費用がかかることもあるようですので、まずは買い取り業者に相談するのが得策です。
ガレージに眠っているバイクがある人は、ぜひ早めに査定をお願いしてみましょう。

見積書の見方が知りたいです

見積書の用語を知っておこう

中古バイクの購入をする際に気をつけたいのが見積書のチェックです。

中古バイクを購入するのはとても楽しいものですが、費用面はきちんと確認してから購入しないと思わぬ金額がかかっている場合があります。

ここでは見積書のそれぞれの項目について、基本的なことを解説します。

基本的なことでも知っておくことであなたの今後に生かすことができるので、ぜひ押さえておきましょう。

また、今後の知識としても役立ってくれるので、これを機会に一通り覚えておくことをおすすめします。

周りの方で中古車を購入検討の方がいれば、教えてあげることで喜んでもらえることもあるはずです。

見積書の各ポイントについて

見積書のひとつめのポイントは、まずは消費税です。

様々な商品を購入する際にかかる消費税ですが、中古車の購入の際にもかかります。

本体の価格と合わせて、税金以外の手数料に関しても消費税がかかるので気を付けたい所です。

次に登録費用です。

これは業者がバイクを登録してくれるので、その手数料です。

バイクは購入して終わりではなく、登録手続きが行なわれます。

これによってそのバイクの所有者が誰なのかということを把握できるようになっているのです。

業者は陸運局という所に出向いて登録手続きを行なってくれます。

また、自動車税もかかります。

バイクに関してもかかるので気を付けましょう。

さらに、自賠責保険料というものもかかります。

これはバイクを所有する方は必ず加入が必要な保険の費用です。

バイクは万が一事故にあってしまうととても大きな被害になってしまう可能性もあります。

そのため、保険に加入しておくことでトラブルの際にも補償されるようになっているのです。

さらに、重量税もかかります。

バイクは重量がありますが、重みのあるものには実は税金がかかります。

車にもありますがバイクにも設けられているので支払う必要があります。

車検整備費用という費用もかかります。

これは確認しておく必要があります。

どんな整備が行われているかをチェックすることでその業者が良い業者かを確認することができます。

返事があいまいな場合は控えておくことをおすすめします。

最後に車検代行費用です。

これは車検を代行してくれる手数料のことを指します。

基本項目を押さえてバイクを購入しよう

以上、中古バイクを購入する際の見積書の項目について一つずつ解説してきました。

基本かもしれませんが、再度確認して理解不足の部分がないようにして購入しましょう。

最初は慣れない用語がたくさん並んでいて抵抗感があるかもしれませんが、徐々に慣れてくるはずです。

きちんと把握しておくと、今後バイクを維持する際にも役立ってくれる知識です。