壊れたバイクの売り方は?

・壊れたバイク、どうしてる?

バイクが壊れてしまい、修理しないままガレージに置いておいてホコリを被っているのを見かけることがあります。
もともと調子が悪かったので、修理してまで乗る気持ちはないとそのままにしてしまっているようですが、一生そのままにしておくというわけにはいきませんよね。

売ろうにも壊れているから売れない、と思っている人も多いようですが、壊れてしまったバイクでも買い取り業者に買い取ってもらうことができるそうです。
もちろん金額はかなり安くなってしまいますが、状態によっては思いのほか高く買い取ってもらえることもあります。

・運べなくても引き取りに来てくれる

壊れたバイクを買取業者まで運ぶことができないので、そのままにしているという人もいるのではないでしょうか。
最近はバイクを引き取りに来てくれる買取業者が増えているので、そういった業者を利用すれば、自宅まで引き取りに来てくれます。

壊れたバイクの査定基準は実にさまざまで、業者によってその買い取り価格も変わってきますが、フロント部分が壊れていない場合は、少し査定金額が高くなるようです。
事故車でフレームが曲がってしまったという場合は難しいですが、フレームやホイールが生きていれば、そのほかの部品を交換することで元気なバイクに生まれ変わらせることができますので、フロント部分が壊れていない場合はエンジンがかからなくても高額で引き取ってもらえます。

・買い取りをお願いするにはどうすればいいの?

全国にたくさんのバイク買取業者があり、どこでも引き取りに来てくれるというところもありますので、まずはインターネットなどで買取業者を見つけて問い合わせてみましょう。
ホームページにアクセスすると、年式や車種などを入力すると大まかな査定金額を算出してくれるシステムを導入している業者もあるので、そこで調べてみるのもよいですね。

ただ、壊れていて動かないバイクということであれば、電話をして状態を伝えた上で、引き取りに来てもらえるかを確認するのが確実です。
状況によっては値段がつかないこともあるかもしれないので、値段がつきそうかを確認し、いくつかの業者に相談して、高めで買い取ってもらえそうな業者に来てもらうとよいと思います。

・廃車にするのはお金がかかる?

壊れたバイクでも、買い取り業者にお願いすれば、たとえ少ない金額でも買い取りしてもらえ、利益を生むことができますが、廃車にする場合は逆にお金がかかります。
車種や状態によって金額は変わりますが、1~3万円ほどの費用がかかることもあるようですので、まずは買い取り業者に相談するのが得策です。
ガレージに眠っているバイクがある人は、ぜひ早めに査定をお願いしてみましょう。