事故に遭ったバイクを売るには?

・事故車も買い取りしてもらえることがある

最近は、中古バイク買取業者がたくさんありますが、こうした業者は実にいろいろなバイクを買い取ってくれます。
壊れてエンジンがかからないバイクでも、出張費用は無料、名義変更手続きの費用も無料で行ってくれるところもあるので、不要なバイクがあるならば、ぜひ査定を依頼してみましょう。

では、事故車はどうなのか?というとことですが、事故車についても査定をし、買い取ってくれる業者が多いようです。
もちろん、状態によっては値段がつかないこともあるようですが、生きている部品があれば、査定基準にもとづいて買い取ってくれます。
もし、事故車の処分に困っているのであれば、まずは買い取り業者に査定を依頼してください。

・事故車買い取りのメリットとデメリット

事故車を買い取り業者に依頼することのメリットは、やはり「売却した金額を得られる」という点です。
もう修理して乗ることがないバイクであれば、処分をすることになりますが、処分するにはお金がかかります。

廃車に必要な費用は少なくとも1万円はかかるといわれていますので、お金を払って廃車手続きをするよりも、無料で引き取りに来てくれて1,000円でもお金が入ってくるのなら、そちらのほうがお得ですよね。

買い取り業者に買い取りを依頼するデメリットは、ほとんどないといってよいと思います。
ただ、バイクの状態によっては値段がつかないことがありますので、いくらかは絶対にもらえると思っていたのに、値段がつかなかったとなると、肩透かしを食らった気分にはなるかもしれません。
しかし、廃車費用がかかることを考えたら、値段がつかなくても無料で引き取ってもらえるのであれば、やはりお得だと思います。

・買い取り業者に依頼するときのポイント

業者に査定を依頼するときは、必ず複数の業者に査定してもらいましょう。
業者同士で競合し、少し査定金額が上回ることもありますし、業者によって査定基準が違うので、思いのほか高い金額で買い取ってもらえるということもありえます。
少なくとも3社くらいは依頼をして、それぞれの見積もりをもらうことをおすすめします。

また、事故車の場合は査定を依頼するときに、電話なりメールなりでバイクの状態をあらかじめ伝えておくと、査定のときにスムーズです。
あらかじめ値段がつかないとわかっていれば、引き取りだけでもお願いできますし、およそいくらくらいになりそうか、ということが分かっていれば、気持ち的にゆとりをもって業者を迎え入れることができます。
事故車でも買い取ってもらえると思うと、ちょっと気分が上がりますよね。
すぐにでも業者に査定を依頼して、不用となったバイクを引き取ってもらいましょう。

壊れたバイクの売り方は?

・壊れたバイク、どうしてる?

バイクが壊れてしまい、修理しないままガレージに置いておいてホコリを被っているのを見かけることがあります。
もともと調子が悪かったので、修理してまで乗る気持ちはないとそのままにしてしまっているようですが、一生そのままにしておくというわけにはいきませんよね。

売ろうにも壊れているから売れない、と思っている人も多いようですが、壊れてしまったバイクでも買い取り業者に買い取ってもらうことができるそうです。
もちろん金額はかなり安くなってしまいますが、状態によっては思いのほか高く買い取ってもらえることもあります。

・運べなくても引き取りに来てくれる

壊れたバイクを買取業者まで運ぶことができないので、そのままにしているという人もいるのではないでしょうか。
最近はバイクを引き取りに来てくれる買取業者が増えているので、そういった業者を利用すれば、自宅まで引き取りに来てくれます。

壊れたバイクの査定基準は実にさまざまで、業者によってその買い取り価格も変わってきますが、フロント部分が壊れていない場合は、少し査定金額が高くなるようです。
事故車でフレームが曲がってしまったという場合は難しいですが、フレームやホイールが生きていれば、そのほかの部品を交換することで元気なバイクに生まれ変わらせることができますので、フロント部分が壊れていない場合はエンジンがかからなくても高額で引き取ってもらえます。

・買い取りをお願いするにはどうすればいいの?

全国にたくさんのバイク買取業者があり、どこでも引き取りに来てくれるというところもありますので、まずはインターネットなどで買取業者を見つけて問い合わせてみましょう。
ホームページにアクセスすると、年式や車種などを入力すると大まかな査定金額を算出してくれるシステムを導入している業者もあるので、そこで調べてみるのもよいですね。

ただ、壊れていて動かないバイクということであれば、電話をして状態を伝えた上で、引き取りに来てもらえるかを確認するのが確実です。
状況によっては値段がつかないこともあるかもしれないので、値段がつきそうかを確認し、いくつかの業者に相談して、高めで買い取ってもらえそうな業者に来てもらうとよいと思います。

・廃車にするのはお金がかかる?

壊れたバイクでも、買い取り業者にお願いすれば、たとえ少ない金額でも買い取りしてもらえ、利益を生むことができますが、廃車にする場合は逆にお金がかかります。
車種や状態によって金額は変わりますが、1~3万円ほどの費用がかかることもあるようですので、まずは買い取り業者に相談するのが得策です。
ガレージに眠っているバイクがある人は、ぜひ早めに査定をお願いしてみましょう。

雨の日にバイクに乗る時の注意点

・防水、防寒対策をしっかりと

雨の日のバイクは当然ながら濡れやすく、普段と同じファッションで乗ると体が思いの外冷えて体調を崩してしまう上に、体がかじかんで運転に集中できないため、危険度が高まります。
しっかり防水、防寒対策をとり、安全に運転できるように備えましょう。

普段半キャップなどのヘルメットをかぶっている人でも、雨の日はフルフェイスヘルメットをかぶることで、頭部や顔が濡れてしまうことを防げます。
必ずバイクを購入したときに、フルフェイスヘルメットも購入しておき、雨の日にすぐに取り出せるようにしておきたいですね。

また、雨の日はレインコートなどを着用してバイクに乗る人が多いですが、市販のレインコートはめくれやすいので、バイクを乗る上では防水効果が低いです。
またライディングウェアについても、防水加工がしてあるものでも雨が強いと濡れてしまいますから、雨の日用のライディングウェアを用意しておくことをおすすめします。

もっともしっかり対策をとりたいのが「足」です。
自転車でも、雨の日は足がもっとも濡れやすいので、バイクだともっと濡れやすくなっています。
防水シューズを履いて、快適に運転できるようにしておきましょう。

・より安全運転を心がけ、滑りに注意する

雨の日のライディングでもっとも注意したいのが「すべり」です。
特にマンホールなど、金属でできている地面はすべりやすく、原付バイクで雨の日にマンホールの上で転倒してしまうという話をよく耳にします。
カーブのときにすべってしまうことが多いようですので、金属でできた地面の上を走行する際は、まっすぐ通り過ぎ、その上でハンドルを切らないように注意してください。

また、雨の日はミラーに水滴がついて見づらくなっていますので、ミラーを使用した周囲の確認がとてもしにくいです。
このため、後部の状態が確認しにくいなど、運転しづらい状態となっていますので、車や歩行者の飛び出しなどに気をつけて、突然車が出てきたときにすぐ対処できるようにしておきましょう。

そのほか、砂地や砂利道も雨の日はコントロールがしにくくなります。
スピードを出しすぎないことで、急ブレーキや急カーブなどを行わず、ゆとりを持ったハンドル操作が可能となるので、まずスピードを出しすぎないことは必須。
雨で視界が悪くなっている中でこれらの操作を行なうのはとても危険です。

あまりスピードが遅すぎても不安定になりますが、スピードを出していて砂地で運転が不安定になってしまうと、一気に転倒してしまいます。
このほかにも、雨の日は車のしぶきや対向車のライトの反射など、運転を妨げる要素が多いので、常にある程度の緊張感をもち、雨の日の運転には十分注意を払いましょう。

バイクを盗まれた!盗難時の対応と予防策

・焦らずにまずは警察に通報

バイクの盗難は年間で20万件を越えるともいわれ、かなり頻繁に発生している犯罪であることがわかります。
タイヤロックをしても、バイクごと運ばれてしまう悪質な窃盗団が存在するようですので、チェーンを電柱など動かない場所につなぐなど、さまざまな盗難対策を行なうことはとても重要です。

しっかり対策をしていてもバイクを盗まれてしまったとき、どうしたらいいのかわからずついパニックになってしまいますが、まずは落ち着いて警察に被害届を出しましょう。
警察から事情聴取を受けますので、必要なことに答え、本人確認資料を添えて申請します。

バイクに盗難保険をかけているのでれば、保険会社にも連絡しておきましょう。
盗難保険とは、仮に自分のバイクが盗難の被害に遭ったときに補償してもらえる保険で、いろいろな特約がついています。
最大300万円まで補償してもらえる保険もあるようですので、ぜひ加入しておくことをおすすめします。

盗まれたバイクが見つかる可能性は10%にも満たないといわれていますが、もしバイクが見つかったときは、警察から連絡が入ります。
車両登録のし直しなど、所定の手続きが発生しますので、不明点は警察に相談しながら手続きを行いましょう。
もし、自分が盗難されたバイクを見つけた場合には、被害届の処理などがありますので、必ず警察にその旨を届け出てください。

・執念でバイク盗難犯を見つけた実例

大切にしていたバイクが盗難されてしまったとき、どうしてもあきらめられないという人も多いと思います。
あるライダーは、自分のバイクが盗難されてしまったとき、執念でその犯人を見つけ出したそうです。
その一部始終をご紹介したいと思います。

Aさんは大切にしていたバイクが盗難に遭ってしまい、警察で被害届を出した後、あちこち必死で探し回りました。
しかし見つけることはできなかったのですが、もしかしたらオークションで売られるかもしれないと思い、自分の車種でオークションの出品を毎日チェックしていたのだそうです。

バイクは同じ車種のものがたくさんありますが、Aさんが乗っていたバイクは少し珍しい車種で、色も個性があったこと、またボディに目立つ傷があったことから、出品されたらすぐにわかると考えました。

毎日チェックを続けていたら、2ヶ月後になんと自分の乗っていたバイクと同じ車種が出品されたのです。
パーツが変えてあり、見た目は違っていましたが、ボディ色はそのままだったので、イチかバチかでそのバイクを落札。
バイク輸送便で送られてきたバイクには、Aさんの付けた目立つ傷がありました。
Aさんは急いで警察にその旨を伝え、出品者は無事ご用となったそうです。