雨の日にバイクに乗る時の注意点

・防水、防寒対策をしっかりと

雨の日のバイクは当然ながら濡れやすく、普段と同じファッションで乗ると体が思いの外冷えて体調を崩してしまう上に、体がかじかんで運転に集中できないため、危険度が高まります。
しっかり防水、防寒対策をとり、安全に運転できるように備えましょう。

普段半キャップなどのヘルメットをかぶっている人でも、雨の日はフルフェイスヘルメットをかぶることで、頭部や顔が濡れてしまうことを防げます。
必ずバイクを購入したときに、フルフェイスヘルメットも購入しておき、雨の日にすぐに取り出せるようにしておきたいですね。

また、雨の日はレインコートなどを着用してバイクに乗る人が多いですが、市販のレインコートはめくれやすいので、バイクを乗る上では防水効果が低いです。
またライディングウェアについても、防水加工がしてあるものでも雨が強いと濡れてしまいますから、雨の日用のライディングウェアを用意しておくことをおすすめします。

もっともしっかり対策をとりたいのが「足」です。
自転車でも、雨の日は足がもっとも濡れやすいので、バイクだともっと濡れやすくなっています。
防水シューズを履いて、快適に運転できるようにしておきましょう。

・より安全運転を心がけ、滑りに注意する

雨の日のライディングでもっとも注意したいのが「すべり」です。
特にマンホールなど、金属でできている地面はすべりやすく、原付バイクで雨の日にマンホールの上で転倒してしまうという話をよく耳にします。
カーブのときにすべってしまうことが多いようですので、金属でできた地面の上を走行する際は、まっすぐ通り過ぎ、その上でハンドルを切らないように注意してください。

また、雨の日はミラーに水滴がついて見づらくなっていますので、ミラーを使用した周囲の確認がとてもしにくいです。
このため、後部の状態が確認しにくいなど、運転しづらい状態となっていますので、車や歩行者の飛び出しなどに気をつけて、突然車が出てきたときにすぐ対処できるようにしておきましょう。

そのほか、砂地や砂利道も雨の日はコントロールがしにくくなります。
スピードを出しすぎないことで、急ブレーキや急カーブなどを行わず、ゆとりを持ったハンドル操作が可能となるので、まずスピードを出しすぎないことは必須。
雨で視界が悪くなっている中でこれらの操作を行なうのはとても危険です。

あまりスピードが遅すぎても不安定になりますが、スピードを出していて砂地で運転が不安定になってしまうと、一気に転倒してしまいます。
このほかにも、雨の日は車のしぶきや対向車のライトの反射など、運転を妨げる要素が多いので、常にある程度の緊張感をもち、雨の日の運転には十分注意を払いましょう。

バイクを盗まれた!盗難時の対応と予防策

・焦らずにまずは警察に通報

バイクの盗難は年間で20万件を越えるともいわれ、かなり頻繁に発生している犯罪であることがわかります。
タイヤロックをしても、バイクごと運ばれてしまう悪質な窃盗団が存在するようですので、チェーンを電柱など動かない場所につなぐなど、さまざまな盗難対策を行なうことはとても重要です。

しっかり対策をしていてもバイクを盗まれてしまったとき、どうしたらいいのかわからずついパニックになってしまいますが、まずは落ち着いて警察に被害届を出しましょう。
警察から事情聴取を受けますので、必要なことに答え、本人確認資料を添えて申請します。

バイクに盗難保険をかけているのでれば、保険会社にも連絡しておきましょう。
盗難保険とは、仮に自分のバイクが盗難の被害に遭ったときに補償してもらえる保険で、いろいろな特約がついています。
最大300万円まで補償してもらえる保険もあるようですので、ぜひ加入しておくことをおすすめします。

盗まれたバイクが見つかる可能性は10%にも満たないといわれていますが、もしバイクが見つかったときは、警察から連絡が入ります。
車両登録のし直しなど、所定の手続きが発生しますので、不明点は警察に相談しながら手続きを行いましょう。
もし、自分が盗難されたバイクを見つけた場合には、被害届の処理などがありますので、必ず警察にその旨を届け出てください。

・執念でバイク盗難犯を見つけた実例

大切にしていたバイクが盗難されてしまったとき、どうしてもあきらめられないという人も多いと思います。
あるライダーは、自分のバイクが盗難されてしまったとき、執念でその犯人を見つけ出したそうです。
その一部始終をご紹介したいと思います。

Aさんは大切にしていたバイクが盗難に遭ってしまい、警察で被害届を出した後、あちこち必死で探し回りました。
しかし見つけることはできなかったのですが、もしかしたらオークションで売られるかもしれないと思い、自分の車種でオークションの出品を毎日チェックしていたのだそうです。

バイクは同じ車種のものがたくさんありますが、Aさんが乗っていたバイクは少し珍しい車種で、色も個性があったこと、またボディに目立つ傷があったことから、出品されたらすぐにわかると考えました。

毎日チェックを続けていたら、2ヶ月後になんと自分の乗っていたバイクと同じ車種が出品されたのです。
パーツが変えてあり、見た目は違っていましたが、ボディ色はそのままだったので、イチかバチかでそのバイクを落札。
バイク輸送便で送られてきたバイクには、Aさんの付けた目立つ傷がありました。
Aさんは急いで警察にその旨を伝え、出品者は無事ご用となったそうです。

上手な転倒の仕方

バイクは転び方も大切

バイクは華麗なライディングで乗りこなす方もいますが、上手な転倒の仕方もとても大切です。

バイクで怖いのが転倒です。

特にまだあまり慣れていない方は転倒してしまう可能性も高いので、必ず事前に確認しておく必要があります。

上手に転べるようになっておくと、今後バイクを乗る上で事故などの際にも最小限のダメージで済ませることができますし、場合によっては無傷でいられることもあります。

とても有効なので、マスターしておきましょう。

受け身を取れるようにすることが大切

上手な転倒として、受け身を取る姿勢が近いです。

手が地面に先についてしまうと、大きな事故になりやすいです。
地面

手を軸にしてひねりが加わるため、手や腕の部分に大きな負荷がかかりやすくなります。

上手な転倒ではこのように手から行かず、受け身の姿勢で丸く転がるように転倒します。

こうするとダメージを抑えることができるので、日頃から意識しておくと良いでしょう。

最近はインターネットで、事例を元に良い転倒かどうかをチェックできるサイトもあります。

こうしたサイトも合わせてチェックしてみると良いでしょう。

あまり良くない転倒がどのような所が良くないのかを見ることで、よりあなたも良い転倒ができるようになります。

多くの場合は手やひじ、ひざが先に地面についてしまっていますが、これらは大きなダメージにつながりやすい転倒の仕方です。

写真を見ることで細かな所までチェックすることができるので、ぜひ写真を見てチェックしてみてほしいと思います。

また、転んだ後にすぐに起き上がることもとても大切です。

転んでしまうとその衝撃や驚きからしばらく起き上がれない方もいるかもしれませんが、あらかじめ転倒を念頭に置いていると、転倒した際にもすぐに起き上がることができます。

寝たままだと路上での事故では何が起きるか分かりません。

すぐに起き上がって二次的な事故が起こらないように気を付けましょう。

必要に応じてプロテクターを

上手な転倒をマスターしたら、それでも事故に対応することができるようになりますが、より準備をしておきたい方はプロテクターもおすすめです。

特にバイクレースを考えている方はスピードを出す機会も多いため、プロテクターはとても大切です。

プロテクターをしておけば万が一ひざやひじにダメージがありそうな場合にも防いでくれるためとても安心です。

バイクショップにプロテクターは販売されているので、スタッフの方にも相談しながら決めることをおすすめします。

自分に合ったプロテクターを選べば、より安全にバイクを楽しめるようになります。

転倒は不意にやってくるので、自分は大丈夫と甘く考えずに準備していきましょう。

チェーンが伸びてしまった場合

バイクのチェーンが伸びたらどうする

バイクにはチェーンが付いていますが、これが伸びてしまうことがあります。

特に多いのが長距離を走っている際のチェーンの伸びです。

広大な大地をひた走ることができる北海道などでは、ずっと走っていたらチェーンが伸びてしまってとても困ったという方もいます。

チェーンが伸びる原因として、摩擦があります。

通常、チェーンにはグリスが行き渡っており、これが潤滑剤となって摩耗を防いでくれます。

ですが、グリスが消耗して足りなくなるとチェーンが摩耗するようになります。

摩耗するとチェーンの軸が減ることになり、伸びにつながっていきます。

そのため、チェーンを伸びないようにするには日頃からグリスの消耗をチェックしておく必要があります。

毎日チェックする必要はありませんが、できれば定期的にチェックすることをおすすめします。

そして、もしこうしたチェックをしていたにも関わらずチェーンが伸びてしまった場合は、対処方法を知っておくと便利です。

今回はこの対処方法をご紹介します。

必要なものはレンチのみ

チェーンが伸びてしまった時に必要になるのはレンチです。

他の工具は必要ないため比較的簡単に直すことができます。

レンチは日頃からぜひ準備しておくことをおすすめします。

レンチを用意したら、まずはバイクのリアに注目します。

リアのナットを緩めて、チェーンを直せるようにします。

ただし、この時に、ナットが固まってしまい、なかなか緩まないことがあります。

1年ほど何もせずにバイクに乗っていると、多くのケースではこのように固まってしまっています。

腕の力だけではナットが緩められない場合があるので、この場合は足に体重をかけて緩めるようにしましょう。

少し緩んだら後は手で緩めることができます。

こうしてナットが緩んだら、次に注目するのはアジャスターです。

アジャスターはチェーンの締め具合を調節するパーツです。

これをチェーンがピンと張るように調節します。

目盛りが付いているので、この目盛りを1段階上げるなどすると締まることが多いです。

アジャスターは左右に付いています。

そのため、左右の両方を調節する必要があります。

こうして左右を調節し終わったら、ナットを締めます。

ここでも気をつけたいポイントがありますが、必ずゆっくりと締めるようにしましょう。

急に締めるとアジャスターがナットと一体化して回ってしまう場合があります。

こうなると再度やり直しになってしまうので気を付けましょう。

もしもの時のために便利

以上、チェーンが緩んでしまった時の対策方法をご紹介してきました。

比較的簡単に行なえるので、もしもの時のために覚えておくことをおすすめします。

また、頻繁に起こる際には業者に相談に行くのがおすすめです。