中古車購入時のトラブルについて

中古車購入の際にはトラブルもある

これから新しく車を購入しようと思っている方は中古車の購入を検討している方もいると思います。

中古車の購入は様々な車を比較しながら選ぶことが多く楽しいものですが、トラブルになることもあるのが気を付けたいところです。

ここではどのようなトラブルがあるのかをご紹介していきます。

せっかく購入した中古車があまり納得のいかないものだと、新しく購入した車でのカーライフが楽しくなくなってしまいます。

ぜひ参考にして気をつけてほしいと思います。

中古車購入の際の主なトラブル

中古車を購入するに当たっての主なトラブルとして、不良車だったということが挙げられます。

中古車は通常、販売業者によって整備がされ、きちんと安全に走行できる状態で販売されます。

整備を入念に行なうほど販売業者には整備のためのコストがかかることになります。

そのため、業者の中には整備を簡単なもので済ませてしまう業者もあります。

整備が不十分なまま販売されると、中古車として販売される際に、ぱっと見た状態は良くても実際に走行すると不具合があるということが起こってきます。

これが不良車です。

不良車を購入してしまうと後で業者にクレームを入れても対応してもらえないことがあります。

そのため、購入する方自身が気をつけて不良車を購入しないようにすることが大切です。

不良車は実際に試乗すると分かることが多いため、中古車の購入の際には必ず試乗させてもらうようにすると良いでしょう。

もし試乗させてもらえない場合は不良車の可能性も出てくるので気を付けましょう。

また、購入する方から起こるトラブルもあります。

それはキャンセルです。

一度購入すると決断した車をキャンセルしようとした際にトラブルになる可能性があります。

車の購入は契約です。

そのため、キャンセルのタイミングによっては違約金が発生したりする可能性もあるので気をつけましょう。

業者も購入することが決まったら、様々な手続きをする必要が出てきます。

契約書にサインしてもらった時点で手続きを始めてしまうので、業者も途中でキャンセルされると困ってしまうのです。

必ず十分検討した上で契約をするようにしましょう。

最後に契約した内容と異なるという場合もあります。

こちらもトラブルになりやすいので気を付けたいケースです。

契約の際には必要な盲目をスタッフの方が読み上げてくれるので、よく聞いておくようにしましょう。

トラブルは十分気をつけて回避を

以上、中古車購入の際のトラブルについてご紹介しました。

きちんと事前の検討と確認をすることでトラブルは回避することができます。

楽しいカーライフを今後送るためにも、気をつけてみてくださいね。

新車選びのポイントが知りたいです

用途を考えよう

新車でバイクを購入する際のポイントは3つです。

まずは用途です。

バイクは様々なタイプがありますが、タイプによって用途も大きく異なってきます。

そのため、あなたがまずはどんな乗り方をしたいか考えてみると良いでしょう。

街中で普段の移動手段として使いたいなら原付や小型のバイクで十分ですし、長距離ツーリングを楽しみたいなら大型バイクも視野に入れる必要があります。

また、オールマイティに使いたいならネイキッドなどのタイプもおすすめです。

あなたが送りたいバイクライフをイメージすることがまずはとても大切です。

維持費を計算してみよう

こうして用途から選ぶタイプが決まったら、次に維持費を計算してみると良いでしょう。

あなたのイメージするバイクライフから、ひと月にどれくらいの距離を走るのかが計算できます。

例えば街中で普段使い用としてバイクを購入する場合、片道10kmの往復を20日するとします。

そうするとひと月で200km走ることになります。

バイクことに燃費がありますが、ここで燃費が20kmのバイクがあったとすると、ひと月の燃料費は10リッター分
ということになります。

長距離ツーリングの場合は、1回のツーリングで数百キロの距離を走る方も多いため、より燃料費は高くなります。

そのため、燃費が重要になってきます。

また、燃料費以外にもバイクは様々なアクセサリーも必要です。

ヘルメットやブーツなども必要ですし、グローブも大切です。

こうした費用も全てトータルして考えるようにすると、よりあなたの予算に合ったバイクを選ぶことができます。

バイクは保険に入る方も多いです。

楽しい乗り物ですが、やはりいつトラブルが起きるか分からない乗り物でもあります。

万が一のために任意保険に入るのも良いでしょう。

任意保険は毎月掛け金が必要になりますが、事故の際に補償金が支払われます。

こうした費用も維持費に含まれることになります。

本体価格を検討しよう

このように、維持費を細かく考えた後、本体価格を検討すると良いでしょう。

最初に本体価格から考えてしまうと、後で維持費を計算した時にがっかりしてしまう可能性が高くなってしまうので、先に維持費を考えておく方がおすすめです。

本体価格はバイクによって幅があり、10万円から購入できる原付もありますし、100万円台になる大型バイクもあります。

高ければ良いというものではなく、あくまでもあなたの用途に合っているかを確認して検討するようにしましょう。

以上が新車のバイク選びのポイントです。

このポイントを踏まえて新車をチェックすることで、よりあなたに合ったバイクを選びやすくなるはずです。

新車のバイクは購入するとやはりとても嬉しいものです。

こだわって選んでくださいね。

バイク購入の簡単な流れや必要な書類について知りたいです

バイク購入の流れ

バイクを購入する際には、まずは流れと準備するものを知っておくとスムーズです。

バイクは安くない買い物なので、しっかりと準備をしてから購入することをおすすめします。

まずは購入の流れを見ていきましょう。

参考:バイク購入時に必要な手続きは? – バイク購入お役立ち情報

最初に購入するお店を決めます。

バイクショップで購入しますが、ショップによって対応も異なってきます。

また、新車で購入するのか中古で購入するのかによっても変わってきます。

新車の場合は、特定のメーカーの専門店で購入することもできますし、様々なメーカーの新車を扱っているショップもあります。

専門店の場合は車のディーラーのような形で、専門的に取り扱っているのでそのメーカーについて詳しいことを知ることができたり、トラブルが起きた際にも安心です。

その他のショップの場合は価格をリーズナブルにしているなどで差をつけています。

いくつか店舗を回って検討することをおすすめします。

その中で、最も良いと思ったショップで購入すると良いでしょう。

次に購入したいバイクをチェックします。

バイクは最終的に現物を見て購入することになりますが、最初の段階から傷や不具合がないかを見ておくと良いでしょう。

購入してから不具合があると、あまり良い気分になりません。

ショップに相談することで交換などの対応をしてくれるかもしれませんが、また時間がかかってしまいます。

そのため最終チェックをしてから購入するようにしましょう。

できるなら試乗させてもらえるとより良いです。

操作性や乗り心地は人それぞれ感じるものが異なるので、あなたに合っているかをチェックすることがとても大切です。

必要な書類など

こうして購入するバイクとショップが決まったら、いよいよ購入手続きに入ります。
書類

購入の際には準備しておくものがあります。

必要なものは3点で、住民票、印鑑、銀行の口座番号が必要となります。

住民票は市役所などの役場で取ることができるので、事前に用意しておきましょう。

また、バイクを購入するための現金も必要です。

クレジットカードで支払うこともできますが、最初に頭金として多少の金額が必要になることが多いので、ショップのスタッフの方と相談しておくと良いでしょう。

購入の際には必ず細かな点まで確認するようにして、決断しましょう。

注意点などを聞いた後契約のサインをしますが、サインをすると契約を交わしたことになるためキャンセルが利かなくなります。

よく検討した上で決断すればトラブルはあまりありませんが、ショップによっては悪質な業者もあります。

必ずよく話を聞いて、おかしな点がないかをチェックしておくことが大切です。

流れを把握して、バイクの購入を

以上がバイク購入の流れです。

事前にチェックしてからバイク購入を進めると、よりスムーズに購入できるはずですよ。

自分に合うバイクを見つけたいです

まず大切なのはフィーリング

自分に合ったバイク選びの基本は、まずはフィーリングです。

あなたは何故バイクに乗りたいと思ったのでしょうか。

それはきっと、バイクが楽しそうだと思ったからではないでしょうか。

まずはその気持ちに素直になることが大切です。

理由は何でも良いですが、このバイクカッコイイな、これに乗ったら周りの人から注目してもらえるな、など、あなたが最初にバイクに乗りたいと思った気持ちを大切にすると良いでしょう。

そうすると、まず大まかなバイクのタイプがイメージできると思います。

バイクはネイキッドやアメリカンなど、タイプによって雰囲気やデザインが大きく変わります。

この大枠のタイプを決めるために、最初の気持ちがとても大切です。

ぜひ初心を振り返ってみてほしいと思います。

参考:これからバイクを買う君に選び方を教えるよ

用途で選ぶ

こうしてタイプが決まったら、次に用途です。
花畑

どのような用途をメインとしてバイクに乗りたいかを考えるとよりあなたに合ったバイクを選ぶことができます。

具体的には、街中で小回りを利かせて乗りたいのか、ツーリングに出かけたいのか、バイクレースに参加を考えているのか、などです。

用途によって選ぶバイクも大きく変わってきます。

街中で乗るならスクーターなども候補に入ってきますし、ツーリングならアメリカンやロードスポーツなどが良いでしょう。

また、レースを考えているならオフロードなども良いでしょう。

このように、あなたが実際どんなシーンでバイクを乗っているかを考えてみると、それに合ったバイクを選びやすくなります。

排気量や乗りやすさで選ぶ

排気量や乗りやすさも大切です。

排気量が大きいほどパワフルで安定した走りを見せてくれますが、少し小回りが利きにくいというデメリットが出てきます。

乗りやすさも大切です。

バイクによって取り回しの良さが異なるので、ここは実際にバイクのショップで試乗させてもらうと良いでしょう。

運転させてもらうことで自分が操作しやすいかが分かります。

メーカーによって特徴もあるので、好みのメーカーなども分かってくるかもしれません。

そして、最後に価格です。

バイクは趣味で乗るものなので、安ければ良いというものでもないはずです。

なるべく気に入ったバイクを予算の範囲内で購入できるように、じっくり検討していきましょう。

以上があなたに合ったバイクの選び方です。

ぜひ参考にしてあなたの愛車となるバイクを選んでみてほしいと思います。

気に入ったバイクが見つかれば、あなたの良いパートナーとして今後活躍してくれるはずですよ。

ぜひバイクライフを楽しんでほしいと思います。

バイク選びにこだわることで、あなたの今後のバイクライフもより一層充実するはずです。